FC2ブログ

プロフィール

ケア和が家

Author:ケア和が家
和が家にようこそ。北九州市八幡西区と小倉南区でデイサービス・グループホーム・介護相談(居宅介護支援事業)を運営しています。ご相談・見学、随時受付中。お気軽にどうぞ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

令和2年7月小倉南介護相談活動報告

7月は、感染予防と体調管理に努めながら、訪問や担当者会議など利用者の同意が得られる方については通常の対応を行いました。訪問時には、室温や衛生面など室内環境の確認を行い、食中毒や熱中症予防が出来るよう支援しました。また、先月からの近隣の居宅支援事業所閉鎖に伴う引継ぎが継続する中、新規依頼が5件、訪問調査の再開による調査時の同席、モニタリングや担当者会議開催など、先月に比べ事業所外での活動に追われる状況となりましたが、ミスやクレームのないよう各ケアマネが責任を持ち、対応できていたと思います。8月も、近隣の居宅支援事業所閉鎖に伴う引継ぎの予定があり忙しくなりそうですが、新規利用者のサービス定着までのサポートや、既存利用者の状況確認、盆休みのサービス調整や家族支援の有無の確認など、基本的な事をしっかりと行い、信頼関係が継続できるよう支援していきたいと思います。また、感染者が増加する中、感染リスクが高まっているため、利用者へ感染予防への声掛けを行い、感染リスクの軽減を図っていきたいと思います。運営においては、8月は暑さが本格的になり、利用者様の体調に変化が起きやすく、入院・入所の増える時期でもあるため、水分補給や室温管理等の確認を行い、体調を崩さず在宅生活が継続できるよう支援したいと思います。また、新型コロナ感染症予防への取り組みも、引き続き気を緩める事なく行い、感染予防と体調管理に努めたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野
スポンサーサイト



令和2年6月小倉南介護相談活動報告

6月は、外出自粛要請の緩和に伴い、既存利用者からデイサービス体験希望があったり、利用者の新規依頼があるなど徐々に日常が戻ってきているように感じました。また、近隣の居宅介護支援事業所閉鎖に伴う利用者引き受け依頼もあり、引継書類や利用者の現状把握、利用者様への挨拶などの対応で1ヶ月があっという間に過ぎていった月となりました。7月は引き続き、居宅介護支援事業所閉鎖に伴う利用者引き受けを行っていきます。また、当事業所の特色である「クイックマネジメント(迅速対応)」が出来る体制を整えていくため、事業所ケアマネ間の情報共有、事務書類の簡素化、月間スケジュールの構築をおこなっていきます。ウィズコロナの新しい生活様式を支援していくため、ケアマネジャーの業務も変化させながら、多くの利用者様を支援できる事業所として成長していきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野

_窓_アートボード_1-02_convert_20200706104123
さまざまな介護サービスを紹介します。「かいごの窓口」

令和2年5月小倉南介護相談活動報告

5月は、新型コロナ感染予防対策として、在宅勤務を取り入れ、事務所内でのケアマネージャーの同時勤務を避け、3密防止を心掛けました。毎日、交代でケアマネージャー1名が出勤し、他の在宅勤務ケアマネージャーと連携をとりながら、利用者対応を行いましたが、日頃より、事業所内で利用者情報の共有を行っていた為、相談時の初期対応をどのケアケアマネージャーもしっかり行えたため、利用者様やサービス提供事業所に迷惑をかけることなく業務を行う事が出来ました。事業所においても新型コロナ感染者は発生することなく、各自が、出社時や外出後の手洗いやアルコール消毒を徹底したため、体調管理を行う事が出来ました。緊急事態宣言解除後は、通常出勤に戻りましたが、下旬に北九州市で新型コロナ感染者の急増したため、利用者宅への訪問等、必要性を考えながら行い、出来るだけ外出自粛で業務を行うようにしました。6月は、緊急事態宣言解除されたため、利用者様においても介護サービスを通常通り提供していくようになります。サービス提供事業所が行っている新型コロナ感染予防策をお伝えし、新型コロナ感染リスクを考えながら、徐々に元の生活が取り戻せるよう支援したいと思います。また、現状行っている新型コロナ感染予防に伴う利用者宅訪問や担当者会議の開催などの自粛も変更される可能性もある為、行政からの通知などを確認しながら、環境変化に合わせた業務を行っていきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野
IMG_1476_convert_20200603163620.jpg
通常勤務で頑張ってます。介護相談、いつでもどうぞ!!

令和2年4月小倉南介護相談活動報告

4月は、月初に緊急事態宣言が発令され、要介護認定の臨時的な取り扱いなど、介護保険手続きの変更通知が多くあり、最新情報の入手及び把握に尽力しました。また、利用者宅への訪問自粛となるなか、電話による利用者様の在宅生活の把握、サービス実施確認を行っていきました。運営体制においても、感染予防策として1日のケアマネ出社人数を1名とし、他ケアマネは在宅勤務に変更し、出社ケアマネと連携をとりながら、利用者からの相談や依頼に対応していきました。5月も緊急事態宣言が延長される中、現状の勤務体制を継続し、利用者様へのサービス提供に支障が出ない様に対応していきます。出社と在宅勤務の組み合わせとなりますが、それぞれの勤務時にできることを考え、他ケアマネと協力しながら、効率的に業務を行っていきたいと思います。また、直接訪問できないぶん、電話連絡時には、丁寧な対応を心掛け、誠意をもって支援していくとともに、じっくり話す事で、利用者様との信頼関係を深めることができるチャンスに変えていきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野

IMG_1459_convert_20200509093431.jpg
新型コロナ感染予防対策として、ケアマネは1人勤務で、他は在宅勤務しています。

令和2年3月小倉南介護相談活動報告

4月より管理者になりました浅野です。宜しくお願いします。3月は行政からの外出自粛や手洗いの徹底、体温確認などの新型コロナウィルス感染拡大予防策の実施要請がありました。そのため、利用者様宅への訪問も自粛し、利用者本人や家族への電話や事業所からの聞き取りなど、今までにない方法でモニタリングを行いましたが、しっかりと状況把握ができ、サービス変更等の必要な対応ができました。また、入院者の多い月となりました。家族都合の長期入院や施設入所につながらないように、早期退院が行えるよう、医療機関や家族と連絡を定期的に行い、在宅復帰の支援を行いました。4月も、引き続き、新型コロナ感染予防に努めたいと思います。また、モニタリング時には、ご利用者様の不安を受け止め、精神的に安定して過ごせるよう、傾聴や情報提供を積極的に行っていきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野

 ホーム  »  次のページ