fc2ブログ

プロフィール

ケア和が家

Author:ケア和が家
和が家にようこそ。北九州市八幡西区と小倉南区でデイサービス・グループホーム・介護相談(居宅介護支援事業)を運営しています。ご相談やご見学は随時受付中です。お気軽にどうぞ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

令和3年10月小倉南介護相談活動報告

① 10月を振りかえって
緊急事態宣言が解除となり、ほぼ全ての利用者様の訪問を再開させて頂きました。
久しぶりに会えた事を喜んでいただいたり、話が弾んで笑い声が絶えない時間を過ごす事ができたりなど、改めてこの仕事の楽しさを感じる事ができました。
また、10月中旬からは急激に気温が低くなったため、冬支度の声掛けやサービス調整を行うなど、体調を崩さない事に重点を置き支援しました。

② 11月の活動予定
世間では、新型コロナ感染者減少と季節の良さから、屋外活動が活発になってきています。
要介護状態である利用者様においても、可能な範囲で今まで出来なかった事を楽しめるよう、利用できそうな社会資源を紹介したり、家族や各事業所に働きかけたりなどの支援を行ないたいと思います。

③11月の運営に対する責任者の考え
各事業所の年末年始運営状況の把握を早めに行い、年末の利用者様の生活に支障が出ないよう支援します。
また、支援件数の増加や困難事例への対応により、各ケアマネが一人で負担や不安を抱え込まないよう、お互いに声を掛け合い、フォローしあえる環境を整えたいと思います。

小倉南介護相談 浅野
000861556_convert_20211108181406.jpg
インフルエンザ感染予防(北九州市)

スポンサーサイト



令和3年9月小倉南介護相談活動報告

① 9月を振りかえって
8月中旬に発令された緊急事態宣言が延長となり、今月はひと月全てに行動制限がありました。
新規依頼や担当者会議など、利用者の同意が得られる方については通常の対応を行い、訪問を遠慮される方についてはお電話で対応するなど、感染予防と業務遂行のバランスを取りながら支援しました。
また、長期の自粛生活により生活リズムが崩れていないかどうか、食欲や睡眠時間に変化はないか等の確認を重点的に行う事で、引きこもりや意欲低下の早期発見ができるよう配慮しながら支援しました。

② 10月の活動予定
感染者の減少やワクチン接種の普及に伴い、10月から緊急事態宣言は解除になるため、訪問等、利用者と対面による情報把握を行ってまいります。引き続き感染予防対策を行いながら、8月から徐々に増えている新規利用者との信頼関係がしっかり築けるよう、訪問時の傾聴を強化したいと思います。

③ 10月への運営に対する責任者の考え
通所サービスの導入には一番適した時期であると思われるため、今まで迷っていたけど一歩が踏み出せなかった方への声掛けを行い、活動量を増やせるよう支援したいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野
80738_20200406165020-1_convert_20211005114334.jpg
自粛生活でフレイルに注意!!





令和3年8月小倉南介護相談活動報告

① 8月を振りかえって
九州各地で大雨が降り、北九州においても大雨警報があったため、緊急避難が出来ない方へのショートステイ利用等の声掛けを行い、安全確保に努めました。担当利用者様には大きな被害はありませんでしたが、年々異常気象が増えており、今後も予想外の災害などが懸念されます。早めの情報収集と、日頃から対策の検討を行い、非常事態に慌てずに対応できるよう準備したいと思います。

② 9月の活動予定
9月は台風シーズンです。先月に引き続き、災害に備えて、避難場所や緊急時の支援者の有無の確認、必要時のショートステイ確保等を行いたいと思います。また、9月は敬老の月でもあるため、感謝の言葉を伝える事や、敬う気持ちを忘れない等の基本理念を振り返り、介護に携わる者としてのモラルとプライドを持って、業務に当たりたいと思います。

③ 9月の運営に対する責任者の考え
ケアマネージャーは、エッセンシャルワーカーとしてワクチン接種が済み、高齢者のほとんどの方も接種が済んだ状況ではありますが、第5波と呼ばれる感染拡大が続き、緊急事態宣言も発令されました。今後も気を緩めることなく、感染予防と体調管理を行っていきたいと思います。また、地域ケア会議の参加予定もあるため、包括と連携を取りながら準備を進めたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野
QZEERFMHGBPIDETAVFQ3CSDYDQ_convert_20210902160929.jpg
避難情報ととるべき行動

令和3年7月小倉南介護相談活動報告

① 7月を振りかえって
例年のような大雨での災害や避難勧告はなく、無事に梅雨明けを迎える事ができました。
しかし、その後は突然の真夏日、熱帯夜など、体温調節が難しい状況もあったため、扇風機やエアコンの活用、水分補給の増回、衣類による体温調整などの声掛けを行い、体調管理が出来るよう支援しました。

② 8月の活動予定
盆休みに、通常のサービス提供が実施されるか、家族との交流機会があるか等の確認を行い、必要時はショートステイの調整を行うなど、日常と違う時間を過ごす不安を軽減したいと思います。
また、夏休みやお盆で人の流れが増える時期でもあるため、引き続き感染予防対策を行いながら、自身の体調管理を行いたいと思います。

③8月の運営に対する責任者の考え
在宅生活が難しくなってきた徘徊高齢者の支援への対応を、サービス事業所と家族の間に入り調整を行っています。今後も話し合いを重ねるなどの連携が必要な事例であるため、同事業所デイサービスとの連携を取りながら、利用者及び家族の生活と尊厳を支えられる事業所として成長できるよう、職員一丸となって困難事例に対応していきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野

materials004_heatillness_003_convert_20210805132730.jpg

熱中症予防



令和3年6月小倉南介護相談活動報告

① 6月を振りかえって
市内では接種を希望した65歳以上高齢者の2回接種がほぼ済んでおり、利用者様に置かれましても、どなたも副反応での入院等がない事を確認しました。今後も継続して、体調に異変がないか確認したいと思います。
21日からは緊急事態宣言が解除となったので、基本的には利用者宅訪問や担当者会議等を再開し、電話確認では難しかった在宅生活の様子やサービス提供状況の細やかな把握を行うことができました。
また、地域連携として、地域ケア会議への事例提供を申し出たところ、翌週には新規依頼があり、介護相談や支援活動も活発になってきています。気を緩めることなく感染予防対策を行いながら、体調管理し業務を遂行したいと思います。

② 7月の活動予定
施設内ワクチン接種が始まるので、接種における注意事項の確認や体調管理を行い、業務に支障がないようにしたいと思います。また、熱中症・食中毒予防のため、衣類による体温調整、水分補給回数の増加の声掛け、食材の適温保存、冷蔵庫内の賞味期限の確認などを行い、利用者の体調管理に努めたいと思います。

③ 7月への運営に対する責任者の考え
6月の新規利用者様は、2名とも和が家デイを利用する事となりました。
他のデイ体験をする準備はしていましたが、1回目の和が家デイ体験利用でで気に入られ、利用が決まりました。
同一事業所のデイ利用は、ケアマネとしても状態確認や連携が取れやすくこまめなケアが期待できる事もあり、今後も選択肢の一つとしてご提案していきたいと思います。

小倉南介護相談 管理者 浅野
yoboukoudou_convert_20210629151001.png
熱中症対策

 ホーム  »  次のページ