FC2ブログ

プロフィール

ケア和が家

Author:ケア和が家
和が家にようこそ。北九州市八幡西区と小倉南区でデイサービス・グループホーム・介護相談(居宅介護支援事業)を運営しています。ご相談・見学、随時受付中。お気軽にどうぞ!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

令和2年7月八幡西厨房活動報告

7月は、下旬に梅雨明けし気温が上昇していきましたが、職員においては体調を崩すことなく、食事提供体制が維持できました。調理業務においては、特に調理器具や食材などの取り扱いに注意し、衛生管理を図りながら食中毒予防を行っていきました。メニューにおいては夏場に入り、利用者様の食欲が低下する時期のため、のど越しの良い麺メニューやゼリーなどの冷たいおやつなどを取り入れ、利用者様の生活を食事を通じて支援していきました。8月は、職員の体調管理により一層注力していきます。新型コロナ感染症予防と熱中症予防の両立に取り組んでいく必要があるため、厨房内の室温湿度調整、水分補給を徹底するとともに、適時換気の実施、調理時の職員間のソーシャルディスタンスの確保に努めていきます。職員においては疲労がたまりやすい時期のため、特に精神的なストレスをためないように、職員間のコミュニケーションが円滑に行えるよう支援していきたいと思います。

八幡西厨房 センター長 池ノ上
八幡厨房202007冷麺
涼風冷麺
八幡厨房202007うな丼
土用の丑の日 うな丼

スポンサーサイト



令和2年6月八幡西厨房活動報告

6月は、人員タイトのなか、厨房スタッフの体調不良や欠勤などの無く、食事提供体制は維持出来ました。新人スタッフの戦力化や他部署からの応援を得ながら、食中毒が発生しやすい時期に、衛生管理や食材の適温保存などの食中毒予防対策を徹底でき、安全な運営が出来たと思います。行事食として、季節の花であるアジサイをイメージした「アジサイ弁当」をご提供し、食事で季節を感じていただくことができました。7月は、新型コロナ、食中毒などの感染症予防に加え、梅雨明けの室温湿度上昇に伴う熱中症対策も必要となります。室温湿度調整、適時水分補給を行い、夏場を乗り切り、食事提供体制を維持していきたいと思います。

八幡西厨房  センター長 池ノ上
DSCN2863_convert_20200707095639.jpg
アジサイ弁当

令和2年5月八幡西厨房活動報告

5月は、新人スタッフも業務に慣れ、人員体制も安定していきました。食事提供においても、各部署に調理を運ぶ際は、新型コロナ感染予防として他部署の職員と短時間での受け渡しを行い、細かい情報や注意事項は電話にて連絡するなど他部署への厨房スタッフの出入りは極力避けるようにしました。行事食としましては、5日の子供の日に洋風ランチをご提供。オムライスとエビフライで、エビフライの盛り付けは、こいのぼりをイメージできるように気を配りました。6月は室温湿度上昇に伴い食中毒予防対策に取り組む必要があります。食材の過熱処理や適温保存、調理器具の調理毎のこまめな交換、手洗いのこまめな実施により、衛生保持に努めていきたいと思います。行事食においても、あじさい寿司を企画しています。食欲が落ちる時期のため、食べやすい酢飯と彩の酔い盛り付けで食欲を高めていきたいと思います。

八幡西厨房 センター長 池ノ上
DSCN2817_convert_20200604154705.jpg
エビフライは、「子供の頃はごちそうやった」との声があがっていました。

令和2年4月八幡西厨房活動報告

4月は、新職員1名が入職し、研修を行い、戦力化を図りました。業務の覚えが早く、テキパキ動かれる職員のため、すぐに業務にも慣れ、既存の職員も「頼りになる」と喜んでいます。また、デイサービスにおいて1日の利用者人数の調整が行われたため、調理業務も平準化され、業務の流れがスムーズになりました。感染予防の取り組みとしては、配送業者からの食材の受け入れや他部署への食事の受け渡しにおいて、アルコール手指消毒及び非対面実施を行いました。5月も、新型コロナ感染予防を継続するとともに、気温上昇による食材の管理を徹底し、食中毒予防も行っていきます。

八幡西厨房 センター長 池ノ上

DSCN2461_convert_20200508112600.jpg
新職員頑張ってます。

令和2年3月八幡西厨房活動報告

3月は、新型コロナウィルス感染症予防対策として、厨房スタッフがグループホームにて夕食調理をおこなっていた体制を、厨房で調理業務を行う体制に変更し、グループホームへの他部署職員の立ち入りを制限しました。そのため、調理方法が変更されましたが、厨房スタッフが臨機応変に対応し、食事提供に支障は発生しませんでした。また、グループホームとの食材及び食事提供においても、厨房スタッフがホーム内に立ち入らないように、グループホーム職員と連携しました。同様に、納品業者においても、マスクや手洗いなどの予防策実施の協力を得て、納品時には厨房入り口で対応するようにしました。4月も同様に、感染症予防対策に取り組んでいかなくてはなりません。厨房スタッフの体調管理と共に、新型コロナウィルスが施設内に持ち込まれないように取り組んでいきます。

八幡西厨房 センター長 池ノ上

 ホーム  »  次のページ